解決事例

  • TOP >
  • 解決事例

解決事例

特別受益等につき争いがあったが遺産分割調停が成立した

○○代 女性 遺産相続 20○○年○○月に解決

  • case01
  • case02
  • case03

相談前

他の共同相続人の代理人弁護士から遺産分割調停を申し立てられた。共同相続人間の対立があり、どうしていいか分からない。

相談後

遺産として多額な預貯金、不動産等があり、特に、いずれの不動産を取得するかで現実的に取得する利益の差が大きくなるので、どの不動産を取得したいかを充分に聴き取り、その不動産を取得できるよう調停を進める方針となった

ポイント

調停では不動産の価値の評価をどのように決めるのかがポイントとなり、他の相続人の代理人弁護士と協議し、協議して決めた不動産鑑定士の鑑定価格を基準として調停を進めるようにした。調停委員の面子をつぶさないよう、代理人同士の主導で迅速に話しを進めるということである。
こちらの特別受益等につき争いがあったが、何とか話がまとまり、預貯金、不動産等約2億円を取得することができ、他の共同相続人も取得する不動産等を取得でき、こちらも取得を希望した不動産を取得することができた。

解決事例TOPへ

特別受益等につき争いがあったが遺産分割調停が成立した

○○代 女性 遺産相続 20○○年○○月に解決

  • case01
  • case02
  • case03

相談前

他の共同相続人の代理人弁護士から遺産分割調停を申し立てられた。共同相続人間の対立があり、どうしていいか分からない。

相談後

遺産として多額な預貯金、不動産等があり、特に、いずれの不動産を取得するかで現実的に取得する利益の差が大きくなるので、どの不動産を取得したいかを充分に聴き取り、その不動産を取得できるよう調停を進める方針となった

ポイント

調停では不動産の価値の評価をどのように決めるのかがポイントとなり、他の相続人の代理人弁護士と協議し、協議して決めた不動産鑑定士の鑑定価格を基準として調停を進めるようにした。調停委員の面子をつぶさないよう、代理人同士の主導で迅速に話しを進めるということである。
こちらの特別受益等につき争いがあったが、何とか話がまとまり、預貯金、不動産等約2億円を取得することができ、他の共同相続人も取得する不動産等を取得でき、こちらも取得を希望した不動産を取得することができた。

解決事例TOPへ

特別受益等につき争いがあったが遺産分割調停が成立した

○○代 女性 遺産相続 20○○年○○月に解決

  • case01
  • case02
  • case03

相談前

他の共同相続人の代理人弁護士から遺産分割調停を申し立てられた。共同相続人間の対立があり、どうしていいか分からない。

相談後

遺産として多額な預貯金、不動産等があり、特に、いずれの不動産を取得するかで現実的に取得する利益の差が大きくなるので、どの不動産を取得したいかを充分に聴き取り、その不動産を取得できるよう調停を進める方針となった

ポイント

調停では不動産の価値の評価をどのように決めるのかがポイントとなり、他の相続人の代理人弁護士と協議し、協議して決めた不動産鑑定士の鑑定価格を基準として調停を進めるようにした。調停委員の面子をつぶさないよう、代理人同士の主導で迅速に話しを進めるということである。
こちらの特別受益等につき争いがあったが、何とか話がまとまり、預貯金、不動産等約2億円を取得することができ、他の共同相続人も取得する不動産等を取得でき、こちらも取得を希望した不動産を取得することができた。

解決事例TOPへ